指揮者プロフィール -角田鋼亮

角田鋼亮_(c)武藤章

角田鋼亮_(c)武藤章

角田 鋼亮(指揮) Kosuke TSUNODA

東京芸術大学大学院指揮科修士課程並びにベルリン音楽大学国家演奏家資格課程修了。2002年、安宅賞受賞。2006年、第3回ドイツ全音楽大学・指揮コンクールで最高位を獲得。2008年、第4回カラヤン生誕100周年記念の同コンクールでも2位入賞を果たした。2010年、第3回マーラー指揮コンクールでは最終の6人に残った。

これまで共演したオーケストラはコンツェルトハウスオーケストラ・ベルリン、ブランデンブルク交響楽団、上海歌劇院管弦楽団、東京都交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、群馬交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢など。オペラ、バレエ、ミュージカルの分野でも活躍。新国立劇場、二期会、東京室内歌劇場、東響コーラスでは公演により副指揮者、合唱指揮者を務める。

現在、セントラル愛知交響楽団指揮者、および2016年4月より大阪フィルハーモニー交響楽団指揮者を務めている。2016年5月、第11回名古屋ペンクラブ音楽賞を受賞。いま日本で最も期待される若手指揮者の一人として、活躍の場を拡げている。


PAGE TOP